トップ > 関西電力の引っ越し手続き > 引っ越し当日は、関西電力から係員が派遣され

引っ越し当日は、関西電力から係員が派遣され

引っ越し当日は、関西電力から係員が派遣され、メーターを検針の上、料金を精算するので、希望の日時に来てもらえるよう、連絡は概ね当日の1週間前には済ませておくべきで、少なくとも2、3日前には連絡すべきです。
申込みは、関西電力の公式サイトからオンラインでも可能です。
電気料金の精算は、引っ越し当日にやってくる係員に現金でが基本ですが、何らかの原因で、後日精算となった場合、念のため、利用者の側でメーターの写真を撮るなり数字を記録するなりしておくと安心です。
電気料金は、関西電力の公式サイトからオンラインで申し込めば、カード払いや口座振替に切り替えることも可能です。いよいよ旧居ともオサラバとなったら、アンペアブレーカーのつまみを、出発前に忘れずに下げておきます。
転居後は、分電盤のアンペアブレーカー、配電遮断機、漏電遮断機のつまみを「入」にし、電気を使える状態にします。
転居先が関西地方であれば、大抵、関西電力宛ての電気使用申し込みハガキが、メーターやブレーカーの近くに備え付けられているので、そこへ必要事項を記入し投函すれば、電気に関する一連の手続きは完了です。
……この記事の全文をみる

関西電力の引っ越し手続き

前の記事 | 次の記事

関連記事