トップ > フレッツ光の引っ越し手続き

フレッツ光の引っ越し手続き

キャンペーンを利用して、フレッツ光と契約を結んだ場合

キャンペーンを利用して、フレッツ光と契約を結んだ場合、最低利用期間が2年などの制約が抱き合わせのようになっているのが常です。
契約期間内での引っ越しとなると、中途解約金が発生し、キャンペーンで得したと思ったら、思いがけない費用発生で、お得感が帳消しになる事態も想定されることもあるのです。
契約に際し、引っ越しがあるかどうかも考えに入れておくのが賢明です。
移転に伴うフレッツ光の手続きは、NTTを通じて行いますが、プロバイダについては別途に手続きを進める必要があります。
特に、withフレッツのプロバイダ契約を結んでいると、請求も一体化しているので、フレッツ光の手続きだけで十分と思ってしまいそうですが、実際には別組織なので、個別に手続きを済ませる必要があるのです。

フレッツ光の利用者で、引っ越してからも利用を継続するつもりなら

フレッツ光の利用者で、引っ越してからも利用を継続するつもりなら、NTTに届けることで「移転」ができます。
引っ越し先での移転に伴う工事費は、原則として無料です。
オプションサービスを利用している場合、別途料金がかかることがあるので、この場合は要確認です。
引っ越しを契機に、フレッツ光に乗り換えるのも、時としてはオススメです。
キャンペーンがしばしば張られ、万単位でのキャッシュバックや家電の進呈など、景品やサービス目当てに乗り換えるのも賢い利用方法でしょう。
NTTは、かつての電電公社が民営化によって、西と東に分割されることとなったのですが、引っ越し前後でNTT東日本からNTT西日本に移ったりする場合、少々ことは面倒です。
例えば、NTT東日本の管轄からNTT西日本へ移る場合、フレッツ光にとしては、解約後に新規契約の手続きを踏むこととなります。



ところで引っ越し業者はもうお決まりですか?
もしまだ検討中ならば、「引っ越し業者一括見積もりサービス」がオススメです。
あなたの条件にあった引っ越し業者を160社以上の中から選び、最大10社からの見積もりを得られます。
申し込みはネットでオッケー。
最短1分で手続きはおわります。
詳しい情報はこちらからクリック♪