トップ > 冷蔵庫の引っ越し

冷蔵庫の引っ越し

冷蔵庫の移動は、引っ越しで一番心配になること

冷蔵庫の移動は、引っ越しで一番心配になることの上位にランキングされるでしょう。
扱いが悪くて傷が付いただの破損しただのといったトラブルは、口コミサイトをのぞけば、いくらでも体験談を拾い集めることができます。
引っ越しを成功に導くには、業者選びもさることながら、お客の側でもそれ相応の準備が必要です。
冷蔵庫に関して言えば、中のものを徐々に減らし、当日の前の日には完全に空になるようにし、コンセントも抜くことが肝心です。
ニオイが他の荷物に移らないよう、食品は食品で荷物をまとめるのがオススメです。
バターなどの溶けやすいものは保冷バッグを使うと、引っ越しにかかる時間分くらいは耐えられるでしょう。

冷蔵庫の引っ越しでは、水気の処分が問題になります。

冷蔵庫の引っ越しでは、水気の処分が問題になります。
古い機種では霜取りの必要があり、前日に電源をオフにして霜取りします。
冷凍庫の製氷皿は、もちろん空にしておきます。
下部の蒸発皿の水抜きも必要ですが、業者の側でも大抵、その辺りの手順は心得ているはずです。
そして、引っ越しでいよいよ運ぶ段階となったら、冷蔵庫は必ず縦にして運ぶようにします。
仮に横にして運べば、圧縮機の潤滑油である冷凍機オイルが冷却システムに流れ込み、故障の原因になります。
引っ越し先で適当な場所においてもらっても、すぐさま冷蔵庫の電源をオンにするのではなく1時間くらい放置し、オイルやガスが安定した頃を見計らって、電源を入れるようにします。
電源を入れて庫内が十分に冷えてくれば食品を入れても大丈夫です。
メーカーや機種にもよりますが、よく冷えるまでには、冬場で2、3時間、夏場なら10時間くらいかかることは心しておくと良いでしょう。

ところで引っ越し業者はもうお決まりですか?
もしまだ検討中ならば、「引っ越し業者一括見積もりサービス」がオススメです。
あなたの条件にあった引っ越し業者を160社以上の中から選び、最大10社からの見積もりを得られます。
申し込みはネットでオッケー。
最短1分で手続きはおわります。
詳しい情報はこちらからクリック♪