トップ > 郵便局の引っ越し手続き

郵便局の引っ越し手続き

引っ越しに当たり、郵便局で行う手続きとしては

引っ越しに当たり、郵便局で行う手続きとしては、転居届が世間的に知られています。
転居届を提出すると、1年間を目安に、旧住所あての郵便物を、新住所に転送してくれるサービスです。
転居届の提出は、引っ越しが決まったら速やかに済ませたいものです。
当日の1週間前くらいにできれば、とりあえずは安心です。
転居届の手続きは、どこで行っても良いのですが、最寄りの郵便局で行くのが普通でしょう。
手続きには、印鑑、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になるので、忘れずに持参します。
転居届の提出は、郵送でも可能です。

切手不要の専用の「転居ハガキ」に必要事項を記入して

切手不要の専用の「転居ハガキ」に必要事項を記入して、ポストに投函すれば任務完了です。
引っ越し日が迫っているのに、郵便局に営業時間に行けないなど、多忙を極めている人にはオススメの方法です。
最近では、第3の方法もあり、e転居サービスと銘打って、郵便局の本丸たる日本郵便の公式サイトから、オンラインでの引っ越し手続きが可能となっています。
その際、氏名、新旧の住所、PCのメールアドレス(携帯のメールアドレスは不可)、携帯などの連絡の取れる電話番号の入力が必要です。
忘れてならないのが、郵便貯金がある場合です。
引っ越し後、一段落したら最寄りの郵便局に通帳、届出印、本人確認書類を持参し、住所変更手続きを行います。
郵便物転送サービスは、転送期限の1年後に、再度申し込めば、更新は可能です。
しかし、いつまでも旧住所からの郵便物が転送されるというのもシケた話で、引っ越したとなったら、挨拶がてら、目ぼしい所へはサッサと新住所を知らせて回るのが、常識ある大人の態度です。

ところで引っ越し業者はもうお決まりですか?
もしまだ検討中ならば、「引っ越し業者一括見積もりサービス」がオススメです。
あなたの条件にあった引っ越し業者を160社以上の中から選び、最大10社からの見積もりを得られます。
申し込みはネットでオッケー。
最短1分で手続きはおわります。
詳しい情報はこちらからクリック♪